検索ボックス
 

注目のオークションの秘策



注目のオークションは有料オプションで最も効果的なものです。

入札方式になっていて、より高い金額で入札している出品が

目立つ場所に来るようになります。

オークションは露出度が命ですので、少しでも目立たせることが

高値落札につながるわけです。


最低額は10円ですが、10円で入れておくだけでもそれなりに

効果は得られます。

しかし、ほとんどの人が10円で入札しているため、結局

下のほうで横一線になってしまうため、例えば"11円"のように

ほんの少しでも高く入れておくことで大きく変わります。


注目のオークションには、出品時に入札する方法と、

出品してから入札する方法があります。

短期出品なら出品時に入札しておくのが楽でいいですが、

長期間の出品(7日)などになると、最初の6日間くらいは

いくら注目のオークションに入札していても、あまり効果は

無く、もったいないです。

というのも、注目のオークションは一日あたりの金額になるので、

10円しか入れていなくても6日だと60円にもなってしまいます。

出品数が少なければ知れてる金額ですが、出品数が増えると

ばかにならないものになってしまいます。


そこで、長期出品した場合は、残り1日を切ったくらいから

注目させることが最も効果的な使用方法です。


ただし、再出品を設定していて、自動再出品されると初日から

注目のオークション料金をとられてしまうので注意が必要です。


また、途中で注目のオークションを使うと、現在の注目のオークション

の入札額が確認できますので、しっかり確認して、入札金額を

決定しましょう。


オークションの情報はこちらで

【人気blogランキング】

↑当ブログのランキング投票になります♪
応援クリックして戴いたら、コメントにお名前とURL残してください
応援にかけつけます!

posted by ヤフオクの達人 at 23:05 | Comment(27) | TrackBack(5) | 注目のオークション

戦略的再出品



単に売れなかったら再出品というのでは、なかなか売れないという

ことになってしまいかねません。

再出品するにしても戦略的に考えて再出品することで、売れ残りや

損失を防ぐことができます。


@オークション終了メールがきたら、必ず商品詳細を確認

大量に出品していると面倒なので、オークション終了メールが

来るとすぐに再出品のリンクから再出品してしまいがちですが、

その出品がどのような形で終了したのかを確認することで、

どのように再出品したらいいかが見えてきます。


Aアクセス数を確認する

アクセス数はものによって多い少ないがあるので一概に言えませんが

同じ分類のものをたくさん出品していればだいたいつかめてきます。

一日あたりのアクセス数の基準を作り、判断することが必要です。

もし同じような商品を出しているのにアクセス数が少ないのであれば

タイトルが悪いということが一番に考えられます。

誤字がある、必要なキーワードが入っていない(メーカー名や

モデル名など)ということを見直してみましょう。


Bウォッチリストに追加した数をチェックする

ウォッチリストに一人も入れてないようであれば、その商品は

おそらくなかなか売れません。

その要因で考えられるのは、

・写真が悪く魅力が感じられない

・商品説明が不十分もしくはわかりにくい

・商品説明が読み難い(改行がされてないなど)

・その商品自体の魅力が乏しい

・値段設定が悪い

このうちで商品自体の魅力・値段設定以外の部分に関して

見直してみる必要があると思います。

もしそこに原因が見つからなければ値段を下げるしかありません。

少しずつ値下げしましょう。




オークションの情報はこちらで

【人気blogランキング】

↑当ブログのランキング投票になります♪
応援クリックして戴いたら、コメントにお名前とURL残してください
応援にかけつけます!

posted by ヤフオクの達人 at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦略的再出品

達人の奥義希望落札価格



希望落札価格をうまく設定することは、オークションの奥義の

一つであると思います。


とても簡単なことですが、意外とこれを使いこなしている人は

少ないですので、他の人と差をつけるのに絶好のテクニックです。


まず一番重要なことは、オークファンにて、現在の出品数と、

過去の落札履歴を調べるということです。


@その商品の出品数

Aその商品の入札状況

Bその商品の落札数

Cその商品の最高値(落札履歴)

Dその商品の最安値



これら全てを考慮に入れて判断します。

例えば、次のような条件の品は人気商品と言えます。


出品数が少ない(10件程度)

落札数は出品数より多い

その商品の最安値以下の品には必ず入札が入っている

最高値が市価(一般の小売店での価格)より高い



最後の最高値が市価より高いというだけでも人気商品という

ことは十分にわかりますが、それ以外のこと全てを考慮に入れると

人気度がよくわかります。


こういう商品は、1円スタートで、最高値よりやや下の値段で

希望落札価格を設定します。

最高値以上に挑戦しても面白いかもしれません。

最高値よりやや下で出品するということには意味があります。

最高値では買う人からするとお買い得感がゼロなので、やむなく

買うときくらいしか無く、相当の人気商品以外はなかなか

難しいのですが、最高値よりほんの少しでも下であれば、

自分の中で妥協して入札してくれるのです。


もう一つ例をあげてみましょう。

出品数は多い(40件)

落札数は少ないものの安定して売れている(10件)

入札が入っていないものが多い

最高値は市価ほどではないものの、ほどほどに高い

最安値はかなり安く、相場のばらつきが多い



こういう商品は、人気はそれほどでもないが、高く売れる可能性が

ある商品で、こういうものを1円スタートなど安値出品してしまうと

せっかく高く売れるのに安く買い叩かれてしまいます。

最初から出品価格を相場と同じかやや高めくらいに設定して、

売れるまで置いておくという手段が考えられます。

この場合は、出品価格と希望落札価格を同額にして、入札=落札

にしてしまいましょう。


なお、この『多い・少ない・高い・安い』という基準は物によって

違うので一概には言えません。


肝心なことは、オークファンから得られる情報を元に、

開始価格や希望落札価格を設定し、少しでも高く売れるように

することです。


オークションの情報はこちらで

【人気blogランキング】

↑当ブログのランキング投票になります♪
応援クリックして戴いたら、コメントにお名前とURL残してください
応援にかけつけます!

posted by ヤフオクの達人 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 達人の奥義

売れる#ュ送方法



発送方法は、単価の低いものを扱う場合は特に重要になってきます。

商品代金が安くても送料が高ければ、敬遠されやすくなりますので、

少しでも安い発送方法で発送できるようにしたいところです。


@メール便の活用

メール便は本やCDの発送しかできないイメージがありますが、

サイズがB4、厚みが2cm以下であれば、基本的にだいたいの物を

送ることができます。

この規格内の商品であれば、メール便で発送するのが最も安いです。

サイズと厚みで、値段が変わってきます。


A4以下、1cm以下 80円

A4を超え・B4以下、1cm以下 160円

A4以下・1cmを超え2cm以下 160円

A4を超えB4以下・1cmを超え2cm以下 240円



240円になってしまう場合は、定形外郵便のほうが安く送れる

場合もあります。

1辺が60cm以内

3辺の合計が90cm

150g以下

の条件を満たすものであれば、定形外郵便のほうが安いです。


メール便の弱点は、補償は運賃以下での補償となるので、

あってないようなものだということです。

定形外郵便はそれすらありません。


AYahoo!ゆうパックの利用

ある程度大きさのあるものでしたら、ほとんどの場合は、

Yahoo!ゆうパックが一番安いです。

判断の仕方としては、

メール便で送れないもので、500gを超える場合

この場合は、ほとんどYahoo!ゆうパックが一番安くなります。


例外は、エクスパックに入る物である場合です。

エクスパックは全国一律500円ですので、使えるなら使うと良いです。



これら全ての発送方法および、送料を商品説明で明記して出品する

ことで、安心感が生まれますので、説明文には必須項目だといえます。


ただ、普通に出品説明文を作ると、これら全てを自分で計算して

掲載しなければならず、とても大変なので、即売り君という

フリーソフトを使用することをお勧めします。

このソフトを使って出品説明を作れば、送料は自動で計算して

掲載してくれます。


オークションの情報はこちらで

【人気blogランキング】

↑当ブログのランキング投票になります♪
応援クリックして戴いたら、コメントにお名前とURL残してください
応援にかけつけます!

posted by ヤフオクの達人 at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる#ュ送方法

売れる#フ売方法



販売方法は、できるだけ多いことに越したことはありません。

『この商品ちょっといいなー』

と思ったとしても、

『でも支払い方法が面倒だからなー』

と悩ませてしまうと、それだけで販売できる機会をロスしている

ということになってしまいます。



Yahoo!かんたん決済と、銀行振り込みは必須です。

オークションで稼ぐというのであれば、イーバンク銀行にするのが

ベストです。

入金確認がメールで送られてくるのはとても便利だからです。

さらに、郵便振替もできれば用意したほうがいいです。

郵便貯金(ゆうちょ)もインターネット上で残高確認できますので、

便利です。

ゆうちょを支払いで選択する人は結構多いです。

私がこれまでやってきたなかでは、Yahoo!かんたん決済・イーバンク

ゆうちょは、だいたい同じ割合くらいで使われています。


その他に、安い金額であれば、切手支払い可能にするといいです。

私は1000円未満の商品は切手可にすることが多いのですが、

意外と切手支払い希望の方が多くいます。

切手は送ってくるまでに時間がかかってしまうという点が難点ですが、

切手があまっている人は意外と多いようですので、あったほうが

いいです。

こういう人は、切手以外では買わなかった可能性の高い人であり、

それだけ販売機会が増えるのです。


切手の他に金券など支払い方法は多ければ多いほどいいです。

ただし、ほとんどそういったものは、現金に換えられないか、

もしくは実際の金額より安くなってしまいますので、あくまで

自分が使うことが前提となってしまいます。



オークションの情報はこちらで

【人気blogランキング】

↑当ブログのランキング投票になります♪
応援クリックして戴いたら、コメントにお名前とURL残してください
応援にかけつけます!

posted by ヤフオクの達人 at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる#フ売方法

売れる♀J始価格の設定の仕方A



それでは、たいして人気の無い物の開始価格の設定の仕方は、

どうしたらいいのでしょうか?


人気の度合いにもよりますが、基本的にはオークファンで調査して、

そのうちの2番目くらいの金額に設定します。

なぜ1番ではないのかというと、1番の金額に設定してしまうと、

お買い得感がゼロになってしまうからです。


オークションで商品を探す人の大部分は、普通に買うより安く買える

のでは?という期待を持って探しにきている人なので、少しでも

お買い得感を演出しなければ、売れにくいのです。


『同じ物を自分よりも高く買っている人がいる』

ということが、お得感につながるわけです。


しかし2番目とはいえ、高いことには変わりないので、やはり

売れにくくはあります。

売れるまで我慢できる方にはお勧めの方法ではありますが、

回転を重視されるのであれば、相場の中間に近い金額で設定して

しまうのもありです。


相場の中間であれば、売れるまでの期間は短縮できます。


あと、見落としがちなのが、現在の出品状況です。

オークファンを使い慣れてしまうとつい落札結果のみに気がいって

しまいがちですが、現在いくらで出品されているかということも

確実にチェックしておかなければならない項目です。

相場は常に変動するからです。




オークションの情報はこちらで

【人気blogランキング】

↑当ブログのランキング投票になります♪
応援クリックして戴いたら、コメントにお名前とURL残してください
応援にかけつけます!

posted by ヤフオクの達人 at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる♀J始価格の設定の仕方A

売れる♀J始価格の設定の仕方@



開始価格の設定の仕方を間違えると、とんでもなく損をすることが

あります。

Yahoo!の見解では、”できるだけ安く設定しましょう”とありますが、

これは物によります。


それは、その商品にどれだけ人気があるかどうかで決まります。


定価を超えるほどの値のつく人気があるものを、オークションで

買おうと思った場合、安く買えるでしょうか?

まず買うことはできません。

それだけの値がつく物であれば、それを定価以下で買うことができれば

そのまま転売できます。


しかし世の中そうそう甘くありません。

そういうものは、必ず誰かが見ているので、相場以下の値段であれば、

必ず相場くらいまでの入札を入れられてしまうのです。


これを逆にいえば、それだけ人気のあるものであれば、極端な話

1円で出品しても、相場くらいの値段にはなるわけです。


であれば、1円で出品してしまいましょう。

これには理由があります。


1円で出品すれば、1円とか10円とか低い値段で入札してくれる人が

必ずいます。


その人たちの狙いは、1円とか10円とかのありえないほど安い値段で

あわよくば買えないかということなのですが、そういう人たちを

うまく利用して、入札数を増やしてもらうわけです。


入札数を増やしてもらうとなぜいいのか?ということですが、

入札数がある程度増えると、自動的にホットオークションという

ところに載ります。

ここに載るだけで、アクセス数は圧倒的に増えます。

つまりお金を使わなくても注目させることができるのです。


また、もしそこに載らなくても入札数が多いということだけでも

信頼を得ることができるのです。

例えば、同じ20000円で出ているものでも、かたや入札10件、

かたや0件だったら、10件のほうが自然といい物であるように

思えてしまいます。

それは、”みんな入札してるんだから、これは確かなんだろう”

という心理が働くわけです。


どうせ安く出品するなら1円で出してしまいましょう。

ただし、間違っても、たいして人気の無い物を1円で出しては

いけません。

1円でそのまま落札されてしまう恐れもあります。


オークションの情報はこちらで

【人気blogランキング】

↑当ブログのランキング投票になります♪
応援クリックして戴いたら、コメントにお名前とURL残してください
応援にかけつけます!

posted by ヤフオクの達人 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(1) | 売れる♀J始価格の設定の仕方@

売れる¥、品説明の書き方



タイトルの次に重要なのは、商品説明です。


ヤフオクでは、同じ商品がたくさん出ていたり、同じようなものも

たくさん出ています。

その中で自分の出品している商品を選んでもらうためには、

商品説明で他と差をつけなければならないのです。


商品説明で重要なポイントは以下の2点です。


1.商品のことを簡単にわかりやすく説明しているかどうか

簡単にわかりやすくというのが特に重要です。

少しでも色んな情報を載せようと思って長々と説明を書く人が

結構多いですが、あまりに長いと面倒で読んでもらえません。

なるべく簡単に、そしてわかりやすくする必要があります。

商品の説明は、必要最低限の情報で構いません。


2.その商品をいかにして欲しいと思ってもらえるか

この部分が最も重要な部分です。

人が商品を欲しがる理由。

それは、その商品が自分に対して、なんらかの『得』をもたらして

くれると思うということです。

実際の店舗で物を買うときでも、その商品がもたらしてくれる

『得』について考えると思います。

車を買うなら、その便利さ・ステータスなど。

本を買うなら、そこから得られる知識。

食べ物を買うなら、おいしさ・栄養・量的な満足度。

などなど、何を買うにしても例外は無いはずです。

であれば、オークションにおいても、その商品がもたらしてくれる

得についてアピールすることがとても重要なのです。


まずはその商品を使ったときのイメージをわかりやすく伝えます。

例えば持ち運びのできるノートパソコンであれば、

『書類かばんにすっきり入るお手軽サイズで、飛行機や新幹線で

大活躍します』


というような感じで書くことで、だいたいの大きさやイメージは

つかめるわけです。


次にその商品を使うことで得られる『得』についてアピールします。

例えば、

『飛行機や新幹線で仕事をすることで、一日の時間を大幅に

節約できます』


というような内容を入れておくことで、今までそういった所で

パソコンを使用していなかった人(つまり本来必要なかった人)にも

その商品を欲しいと思ってもらえるのです。




オークションの情報はこちらで

【人気blogランキング】

↑当ブログのランキング投票になります♪
応援クリックして戴いたら、コメントにお名前とURL残してください
応援にかけつけます!

posted by ヤフオクの達人 at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる¥、品説明の書き方

売れる<^イトルのつけ方



オークションで少しでもたくさんの人に見てもらいたいのであれば、

タイトルのつけ方は最も重要なポイントです。


その商品を検索するであろうキーワードをできるだけたくさん

盛り込めるように工夫しましょう。


タイトルをつけるときに頭を悩ませるのは、ヤフオクの場合

タイトルに使える文字数は全角で30文字までだということです。


あれこれと考えてたくさん入れすぎるとあっというまに文字数

オーバーになってしまい、入れたいキーワードをカットせざるを

得なくなってしまいます。


少しでもたくさん文字を入れるために、数字・アルファベットは、

必ず半角で入れましょう。

半角で入れれば、全角の半分の量として認識されるからです。

また見落としがちですが、スペースを入れる場合も半角で

入れましょう。


文字数がもったいないので、スペースを入れずにギッシリ文字を

つめるという手もあるのですが、若干見づらくなります。

余裕があれば半角スペースを入れるほうがすっきりしていいです。



アルファベットのブランド名・メーカー名の場合、カタカナでの

表記も忘れずに行いましょう。


例えば、SONYのウォークマンというポータブルオーディオプレイヤー

がありますが、これは検索の仕方として、

『ウォークマン』

『walkman』


の二通りが考えられます。

検索してみるとわかるのですが、『ウォークマン』で検索すると

1100件ほどヒットするのに対し、『walkman』でも150件ほど

ヒットします。


『walkman』でヒットした出品を見てみると、『ウォークマン』という

キーワードは入っていない出品が多くあります。

その数120件。

ということは30件の出品しか両方のキーワードを入れていないという

ことになります。


ちなみにこれをどうやって調べたのかというと、

『walkman -ウォークマン』

で検索しただけです。

これは、

『walkmanというキーワードが入っているもので、

ウォークマンというキーワードが入っていないもの』


を検出するという検索方法です。

マイナス検索といって、とても使える技です。


話はそれましたが、この120件の人たちは、ウォークマンで

検索した人の検索には当然ひっかからないわけで、それだけ

検索してもらう機会を逃してしまっているわけです。


オークションの情報はこちらで

【人気blogランキング】

↑当ブログのランキング投票になります♪
応援クリックして戴いたら、コメントにお名前とURL残してください
応援にかけつけます!

posted by ヤフオクの達人 at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる<^イトルのつけ方

売れる<Jテゴリの選び方



オークションでは、少しでも多くの人に見てもらうということが

とても重要ですが、よりたくさんの人に見てもらうために、

第一に重要なポイントは、カテゴリ選びです。



ヤフオクでは、カテゴリを絞っていって、そこからキーワードで

検索をかける人が多くいます。

カテゴリが間違っていると、そこで検索されなくなってしまう

わけで、カテゴリは的確に選択する必要があります。



だいたいの物はカテゴリが登録されていますので、そのカテゴリに

入れればいいのですが、入れるべきカテゴリが複数考えられる

場合があります。

例えばセレクトショップ物の服がそうで、有名どころだと

ユナイテッドアローズ・ビームスがありますが、そのどちらでも

扱いのある商品だとどちらに入れるか迷ってしまいます。



では、そういったときにどうすればいいのかと言うと、実は簡単な

ことで、オークファンを使って、出品する物を検索し、

高く売れている物がどこのカテゴリに入っているかを調べれば

いいのです。


オークファンは相場を調べるのに使われるのですが、出品の仕方を

判断するのにも大きく使えるのです。


オークションの情報はこちらで

【人気blogランキング】

↑当ブログのランキング投票になります♪
応援クリックして戴いたら、コメントにお名前とURL残してください
応援にかけつけます!

posted by ヤフオクの達人 at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる<Jテゴリの選び方

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。